タイの日本食チェーン、オイシ・グループでは海外展開を強化

タイの日本食チェーン、オイシ・グループ(OISHI)が海外展開を
強化すると発表しています。
同社はタイ・ビバレッジ(THBVE)の子会社で、2015年度業績は
売上129億6300万バーツ、純利益7億1200万バーツでした。

同社は2016年度の投資額予算を15億バーツと発表しました。
9億5000万バーツ分を4番目の冷蔵施設ラインに投資、
3億5000万バーツ分は日本食レストランへの投資にします。
メインは日本食食べ放題レストランのShabushiブランドです。

オイシ・グループでは2020年までに海外売上比率を40%まで
高めます。
マレーシア、インドネシア、フィリピンなどへの展開を拡大し、
ミャンマーへではヤンゴン、マンダレーの2都市で展開しています。

2015年末現在200店舗以上の日本食レストランを展開しており、
Oishi Grand, Oishi Buffet, Shabushi,Nikuya, Oishi Ramen,
Kakashiなどのブランドがあります。
併せて緑茶ブランド事業”OISHI Green Tea”のマーケットシェアを
広げます。

2016年度は売上140億バーツ、前年比+9%の成長を目指します。