タイと周辺4か国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)のマーケティング市場が成長

タイと周辺4か国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)の
マーケティング支援を進めるRiverorchid Group社は周辺4か国への
広告市場は成長を続けるとしていて、タイ企業のブランドコミュニケーション
能力も重要となってくると分析しています。

同4か国CLMVはタイの総名目GDPの75%の規模と同額ですが、
タイは2014年度のGDP成長率が+0.7%と比較して+7%台の
成長を続けています。
また一方で、人口規模はCLMV諸国が1億6500万人としていて、
将来的に2億人まで成長する見通しです。
一方でタイでは6700万人、およそ2.5倍規模となっています。

CLMVの諸国の中間層は今後増加し続けることが期待されていて、
国内旅行の移動、ビジネスの移動、貿易などの商品の移動も
活発化する見込みです。

同社の戦略としてCLMV諸国での効果的なマーケティングは
TVがキーチャネルで広い層へリーチすることが可能です。
今後3年内にカンボジア、ラオス向けの広告投資は5~7%増で
成長すると見込んでいます。
ベトナムは10%増、ミャンマーは+50%~100%で成長する
見通しです。

同社統計ではカンボジアでの広告市場は年間30億バーツ、
ラオスでは10億バーツであるとしています。
ミャンマーでの同市場は100億バーツ、ベトナムでは300億バーツと
しています。