タイ ボーナスシーズン

タイでは12月末が年に1度のボーナスシーズン
(企業によっては3月末、年2回賞与もあり)で、各分野大手企業のボーナスの
結果が発表されています。

大手新聞社の発表によれば洪水後の景気回復によって
自動車業界、不動産業界が特にボーナスの数字が良かったとしています。

英字紙Nationの発表では
トヨタモーターToyota Motor Thailand(TMT未上場)ではサラリーの
8.5ヶ月分を支給。
2012年度1~11月期の販売台数は475,820台を突破しています。

ホンダHonda Automobile (Thailand)では洪水で閉鎖されましたが
2012年3月より生産を再開。1月~11月で150,745台を販売しました。
サラリーの6ヶ月分を支給するとしています。

中間層向けコンドミニアム販売のLPN Development(LPN)は
不動産販売が好調だったことから、ボーナスを8~12ヶ月分を支給すると
全業界で最高の支給を決定しています。

業界大手プルックサーリアルエステイトPruksa Real Estate(PS)では
2011年度は2ヶ月分でしたが2012年度は4~5ヶ月分の支給を決定しています。