タイの建材販売、ホームセンターのサイアム・グローバルハウスではASEAN展開を開始

建材販売、ホームセンターのサイアム・グローバルハウス
Siam Global House(GLOBAL)が東南アジア3か国での出店計画を
出しています。
今後5か年で年間7店舗ずつ海外展開していく計画です。
候補国はミャンマー、ラオス、カンボジアの3か国で事業計画を
完成させます。
その後、現地パートナーとの提携を進めるとしています。

タイ国内経済は低迷しているものの、隣国の経済は好調で伸びていると
しています。
2015年年末までに総店舗数を39店舗まで増加させる計画です。
(14年度末は32店舗。)
同社は2億5000万バーツを投じて新規店舗を建設します。

サイアム・グローバル社はサイアムセメントグループが30%を
出資しています。
同社ブランドの建材の方がマージンを多く取れるとしています。
2015年度の上半期業績は売上で92億3380万バーツ、
純利益では4億8000万バーツでした。

また、Siam Global House社(SCG Distribution社30%とGlobal House
International社の合弁)はSouvanny Home Centre社の株式40%を
取得したことを発表しています。
家庭向け建材、ホームセンター事業の拡大を目指します。

Souvanny社はラオスで展開していて、今後、ラオス証券取引所へIPO、
新規上場の計画も保有しています。
調達した資金でラオス国内での運転資金と新規開業の資金に充てる予定です。
IPO後は資本金総額は2800億キップから6100億キップ(27億バーツ)
まで増資します。

ラオスでは2013年度売上が2640億キップ、純利益では142億キップでした。
2014年度の業績は売上で3110億キップ、純利益では205億キップでした。