タイ音楽芸能大手のグラミーは100名以上のレイオフを発表

音楽・芸能大手のGMMグラミー(GRAMMY)が100人以上のスタッフを
リストラクチャリングする方針を発表しました。
今回のレイオフは2009年以来最大のものになるとコメントし、
タイ王国労働法に準拠した保証金を払うと共にプラス最大で
3ヶ月の補償金を支払うとしています。
2016年2月時点で同社のスタッフは3000人以上います。

近年同社は事業形態 モデルを変更しつつあり、音楽・娯楽の事業から
トータルメディアソリューションプロバイダーを目指しています。
2015年に非中核事業の株式売却を決定し、SE-Education社、
Post Publishing社、Matichon社、Index Creative Village社などの
株式売却を実施しました。
一方、デジタル放送のGMM25チャンネル、Oneチャンネル事業は継続し、
視聴者獲得を目指します。

2015年度の業績は売上97億800万バーツ、
純利益-11億4500万バーツでした。