タイ観光5か年計画を発表

タイ観光協会Tourism Council of Thailand(TCT)は
5カ年観光計画を発表しました。
新しい観光要素や8つのセクター、クラスターとして
国際観光市場を狙います。
5カ年計画の内容は、第12タイ国家開発社会開発計画
2017年~2021年での決定にまとめられる予定です。

注力する観光ポイントとして、ランナー文化、南イサーン、
タイ文化、チャオプラヤー川、タイ湾東、タイ湾西、
アンダマン海岸などを挙げており、そのための周辺インフラ整備、
観光案内、魅力ある宿泊地、観光者向けルール策定などが
必要であるとしています。

タイ観光スポーツ省によると2015年度タイに入国した外国人は
前年比+20.4%増で2988万人となっています。
国別のランキングは以下のようになっています。
1位 中国    793万人(前年比+71%増)
2位 マレーシア 342万人(同+31%増)
3位 日本    138万人(同+9%増)
4位 韓国    137万人(同+22%増)