タイで新規携帯キャリア参入のホワイトスペース社は元トータル・アクセス・コミュニケーションの経営陣が設立

新規携帯キャリアのホワイトスペースWhite Space Co社は
タイ通信公社(CAT)の回線を利用してMVNO、
携帯バーチャルネットワークオペレーターとして
タイ国内携帯キャリア市場へ低いコストとサービスで
挑戦しています。

同社では、プロモーションに1億バーツを掛けて16年度末までに
50万人を獲得する目標を掲げ、損益分岐は90万人で17年度を
目標としています。

White Space社は元々タイ第2位の携帯キャリアTotal Access
Communication(DTAC)の旧経営幹部が独立して設立した企業です。
業界20年以上のキャリアがあり、資本金4億2100万バーツで
設立しました。

ブランド名”Penguin SIM”は低価格3Gモバイルサービスです。
音声通話はシンプルに1秒=0.1バーツとし、
インターネットサービスは1メガバイト=0.25バーツとします。

同社がターゲットとするのは、タイ地方に住みスマートフォン
利用が初めての層です。
携帯電話におけるローコストキャリアLCCのような戦略を進める
計画です。