1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ証券取引所がタイのベンチャー企業・スタートアップ企業向け支援を準備

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ証券取引所がタイのベンチャー企業・スタートアップ企業向け支援を準備

タイ証券取引所(SET)では今後タイのベンチャー企業、
スタートアップ企業向けに資金調達、増資などの情報ツールを
集めた施設を準備すると発表しています。
スローガンテーマThailand 4.0を実現するために若い企業の
技術開発支援、イノベーションが必要であるとしています。

同証券取引所ではスタートアップ向けに上場のための魅力的な
プランを検討し、候補先の一つとしてバイオ技術分や企業を
挙げています。
また、同スキームをカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムへ
広げていくように進め、タイを資金調達しやすい環境下へ置くと
しています。

タイ財務省が目指すのはタイランド・フューチャー・ファンド
(TFF)で、2016年7月より100億バーツで始まっています。
その一部をベンチャーキャピタルなどへ投資していく計画です。

タイランド・フューチャー・ファンドは1000億バーツ規模で
大型幹線道路、鉄道、港湾整備のために組成される国営ファンドで、
タクシン政権下で始まったヴァユパックファンドを由来とします。
最低リターンを保証することで投資家への安定的な配当を目指します。

まず3本の大型道路Bangkok-Rayongモータウェイへの投資、
アユタヤ県、パタヤ県をつなぐアウターリング道路への投資、
RamaIII通り-Dao Kanong-Kanchanaphisek Road
(西部アウターリング)への投資を決定しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事