タイ証券取引所上場の大手工業団地開発企業―⑤ピントン・インダストリアル・エステートグループ

ピントン・インダストリアル・エステートグループは「ピントン工業団地」
「ピントン工業団地2(レムチャバン)」「ピントン工業団地3」
などを展開しています。

工業団地デベロッパーのピントン・グループ社が1995年に竣工した
「ピントン工業団地」はバンコクから東部チョンブリ市へ延びる
モーターウェイを使用し、98km地点を過ぎたあたりで国道331号線を
左折した場所に位置しています。
チョンブリ県シラチャ市は日本人居住者も多くいます。

2014年には第4期、第5期開発に乗り出すことを発表しました。
開発面積は3.5平方Kmで、投資額約50億バーツとなります。
工場用地の分譲価格は1ライ=1600平方Mあたり約300万バーツで
販売予定です。
ピントン工業団地の第1~3期開発分は計6.4平方kmでほとんどが
売却もしくは賃貸済み。
入居企業は240社以上、約70%が日系企業となっています。

2015年度業績は売上17億3473万バーツ、
純利益5億827万バーツでした。
資本金は8億7000万バーツです。