タイ国内生命保険大手のFWDライフ・インシュランス、Eコマースプラットフォームを立ち上げ

タイの生命保険大手のFWD Life Insurance Thailand社
(未上場)は2017年以降にEコマースプラットフォームを
立ち上げ、顧客満足度向上とエンゲージメント向上を目指します。
また、3年内にタイ国内での大手5社に入ることを目指しています。
親会社は香港資本のFWD Life Insurance社です。

同社のEコマースサイト内で購入するとポイントが貯まる仕組みを
つくり、顧客満足度向上につながると見ています。
2016年度はデジタルマーケティングが奏功して業績好調でした。
Facebookファンページでは既に40万件の参加者がいて、
6か月連続で増加しています。

FWD社は大手生命保険ランキングで7位のマーケットシェアを
持っています。
2015年~17年の3か年にデジタルマーケティング戦略を立ち上げ、
エージェント、新しい販売チャネル、新製品発売や団体保険などの
情報提供を進めています。

2016年度時点の生命保険会社の市場シェア上位は
AIAインシュランス
ムアンタイライフ・インシュランス
タイ・ライフ・インシュランス
バンコク・ライフインシュランスなどが続きます。

FWDインシュランス社は香港パシフィック・センチュリーグループの
資本で2012年設立、TMB銀行をパートナーとしています。
既に70万件以上の顧客があり、2015年末の総資産は746億バーツ。
ソルベンシー・レシオは237%になります。