タイ国内のフランチャイズ市場関連イベントが開催

フランチャイズコンサルティング株式会社Gnosis Co社によると
食品、サービス、教育などの国際的な大型フランチャイズ企業が
タイ国内市場に関心を高めており、進出を計画していると
されています。

各社は11月17日にクラウンプラザホテルで開催される
International Franchise Discovery Dayイベントで
タイ市場のフランチャイズを募集していくとしています。
フランチャイズ加入金額は100万~500万USドルになる見込みです。

参加企業例としては、Little Caesarsアメリカのピザチェーン、
Buffalo Wild Wingsアメリカのカジュアルレストラン、
The Edge香港の教育センターでアメリカなどトップレベルへの
留学支援、Donut Kingオーストラリアのドーナツ販売店、
Everlast Fitnessフィットネスクラブなどです。

タイ国内市場は中間層が急速に成長している有望な市場であると
分析し、フランチャイズビジネスを展開する企業にとってタイミングが
合っているとしています。

Gnosis Co社によればタイ国内のフランチャイズ市場は2013年度で
1850億バーツ、ここ数年で急速に伸びているとしています。
2015年にはフランチャイズ市場が70億米ドル(2500億バーツ)となり、
タイの小売り市場の約9%に相当としています。

Thaifranchisecenter.comによると、2016年タイには505の
フランチャイズブランドがあり、食品、飲料、
アイスクリームブランドが45.15%(228ブランド)
教育関連のフランチャイズが17.43%(88ブランド)を占めています。
ブランド数に関しては、同産業は過去10年間に年間平均20%の成長を
遂げてきました。

フランチャイザーの約85%はタイ国内企業で、その半数以上が屋台などの
スタンドやキオスクタイプ、カフェの運営チェーンです。
残りの15%が海外企業でファストフードやレストラン、美容などの
サービス業となります。
2013年度は国際ブランド47企業でしたが、16年度は60企業まで増える
見通しです。