タイのTV番組制作大手、ワークポイントがデジタルテレビ視聴率一位獲得

タイのTV番組制作大手、ワークポイントWorkpoint社(WORK)は
同社が運営するデジタルTV放送局Workpoint TVの視聴率が
トップであったと発表しました。
バンコク首都圏におけるプライムタイム視聴率がチャンネル3や
チャンネル7を上回りました。

同社放送局はタイの上場企業、Workpoint Entertainment(WORK)の
子会社が運営していて、TV放送プライムタイム1位の座を目指します。
有名番組”The Mask Singer”は歌手の競争番組でタイ国内での
人気が高まっています。
韓国のTV番組を模倣し、2016年10月より放送開始されました。

タイのTV局視聴率は競争が激化し、多くのデジタル放送局は
視聴率獲得に悩んでいます。
Workpoint TVでは高品質のTV番組プログラム獲得を進めています。
娯楽、ゲームショー、オーディエンスを巻き込む形の放送プログラム
を用意し、視聴率向上を目指しています。

ワークポイントWorkpoint社(WORK)社の2016年度業績は
売上26億8600万バーツ、純利益1億9800万バーツでした。

また、近年のTV放送番組はYouTubeやFacebook Liveなどの
ストリーミングサービス放送が一般的になってきた影響で、
視聴者数はそちらの方がTVを上回っています。
さらに既存大手であったチャンネル3やチャンネル7の視聴率を
ニッチなマーケットが奪おうとしています。