1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの石膏ボード・天井タイル大手、サイアム・ジプサム社はB2C向け強化

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイの石膏ボード・天井タイル大手、サイアム・ジプサム社はB2C向け強化

タイで石膏ボード・天井タイル等を扱う大手メーカー、
サイアム・ジプサム・インダストリーSiam Gypsum Industry
(Sara Buri)社は新しいゼネラルマネージャーを任命しています。
同社は今後、建材ボード市場を拡大していく方針です。

サイアム・ジプサム・インダストリー社は1982年設立、
2014年にはオーストラリアの石膏ボード製品リーダーである
USGコーポレーションの合弁会社となりました。
オーストラリア、オセアニア、中東のマーケットリーダーで、
USG Boralと呼ばれています。
タイではサイアムセメントグループとの合弁会社を設立しています。

製品はGypsum TrachangブランドとしてB2B市場で投入されていましたが、
B2Cとして一般消費者向けにGypsum Trachangブランドを浸透させたい
としています。
石膏ボードは石膏を芯材に両面を石膏ボード用原紙で被覆成型した
建築用内装材料です。
防火性、遮音性、寸法安定性、を持ち、工事が容易で経済性にも
優れているため、一般的な天井材として利用されています。

合弁先のサイアムセメント(SCC)はタイのセメント・複合企業
大手です。
2016年度業績は売上4505億7300万バーツ、
純利益560億8400万バーツでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事