1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイのPTTグローバルケミカルは日系企業2社とポリオール生産工場を建設

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイのPTTグローバルケミカルは日系企業2社とポリオール生産工場を建設

PTTグローバルケミカルPTT Global Chemical(PTTGC)社では
9億ドルを投じポリオール生産工場を日系企業2社と提携して
進めます。
建設工場はラヨーン県で新会社名はGC Polyols社となります。

提携する日系企業はSanyo Chemical Industries社、
Toyota Tshusho Corporation社の2社です。

ポリエーテルポリオールの生産能力は年産130,000トン、
PU(polyurethane)は年産20,000トンとなる予定です。
主に自動車部品、家電製品、エレクトロニクス、建設などで
利用されます。

投資に際しては銀行シンジケートローンが構成され、
クルンタイ銀行(KTB)、LH銀行(LHBANK)、タナチャート銀行
(TCAP)、キアナキン銀行(KKP)などが融資を行いました。

PTTグローバルケミカル(PTTGC)社は2011年に旧PTTケミカル社
(PTTCH)と、旧PTTアロマティクス・リファイニング社(PTTAR)の
合併で誕生しました。
石油化学製品、石油精製をメインで展開しています。
2016年度業績は売上3530億バーツ、純利益256億バーツでした。
2016年時点筆頭株主はタイ国営石油(PTT)です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事