タイ財務省は電子カードを配布して貧困層支援

タイ財務省は電子カードを配布して貧困層支援を開始すると
発表しています。
電子カードはおよそ1160万人へ配布予定で、2017年9月より
政府の生活保護金が毎月支払われる予定であると
財務大臣のApisak Tantivorawong氏がコメントしています。

内閣承認後、申請者1410万人のうち貧困層と指定を受けた
1160万人が対象予定です。
一部の申請者は基準対象に及ばなかったため、
配布が認められませんでした。
収入は低くとも不動産を所有している、銀行口座に貯金がある、
年間の不労所得があるケースなどは認められませんでした。

電子カードは9月21日以降配布予定で、10月1日以降に使用できます。
水道代、電気代の支払いや、タイ政府が開催している低価格市場
Blue Flagアウトレットでも利用可能になる予定です。
未使用分の補助金は次月繰り越し、転売は出来ないなど
の制限があります。