1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの大手EC企業、カイディー・ドットコムはバイク売買セクションを開始

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイの大手EC企業、カイディー・ドットコムはバイク売買セクションを開始

タイの大手EC企業、カイディー・ドットコムKaidee.comは、
売上拡大のためオートバイ売買セクションを分離開設しました。
同社は2019年までに損益分岐を越える目標を掲げています。

タイにはおよそ2,000万台のオートバイ・バイク登録があると
推定されています。
しかし売買市場は不十分で、専門ウェブサイトはほとんど
ありません。

同社は購入希望者・販売希望者双方を支援するMocyKaidee
セクションを立ち上げ、車市場に次ぐバイク売買市場の地位を
確立したいとしています。

MocyKaideeはオートバイ愛好家向けの最大オンライン取引
コミュニティとして25,000台以上のバイクに関する広告、
売却希望、36,000件以上のバイク部品、アクセサリー品が
掲載されます。

1日12万件以上の来訪者があり、1か月では340万人としています。
1か月あたりおよそ9,000台が売れており、取引額は3.5億バーツ
となります。
取引上位5つのブランドは、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、ベスパ、
スズキです。
需要の約85%が125ccタイプ、バイヤーの74%がタイ地方出身で、
26%がバンコク首都圏です。

2018年度目標はタイ人にとって3番目に人気の高いキーワードである
不動産関連のサイトを立ち上げていくとしています。
Kaidee.comは2017年上半期で2,900万人以上の訪問者があり、
月間750万人のアクティブユーザーを獲得しています。
同社は2016年から2017年にかけて2.5倍の成長が見込まれています。
Kaidee.comの売上の約70%は掲示手数料からで、30%は広告収入に
よるものです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事