1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの不動産開発大手、サンシリはカーシェアリングサービスを導入

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイの不動産開発大手、サンシリはカーシェアリングサービスを導入

タイの不動産開発大手、サンシリSansiri(SIRI)社は、
ホンダ、Uber、ofo、Haupcar、SHARGE、EA Anywhere等と
協力し、タイ初のライドシェアリングサービスプラットフォーム
である”スマートムーブ(Smart Move)”レジデンシャル・
プロジェクトを発表しています。

これはタイの住宅プロジェクトで初めて導入された
包括的なカーシェアリングサービスプラットフォームです。
Sansiri社のコンセプト”Complete Your Living Experience”と、
人々の生活やリソースへのアクセス方法を変化させつつある
シェアリングエコノミーの到来によって開発されたとしています。

同サービスはサンシリ社住宅利用者のための不動産管理アプリ、
Sansiri Home Serviceに統合され、2018年から同社のマンション、
一戸建て、タウンハウス利用者に提供される予定です。

“スマートムーブ(Smart Move)”では、BMW初の電気自動車である
BMWi3をカーシェアリングサービスに導入しています。
このサービスは、BTSホールディング社と共同開発した
コンドミニアム”THE LINE Jatujak – Mochit”の住人へ最初に
提供されています。

サンシリSansiri(SIRI)社の2017年度1月~9月期業績は
売上231億2900万バーツ、純利益20億4500万バーツでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事