1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの飲料メーカー、Sermsuk社はタイ国内とCLMV市場拡大を目指す

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイの飲料メーカー、Sermsuk社はタイ国内とCLMV市場拡大を目指す

タイの飲料・ボトリングメーカーであるサームスックSermsuk
(SSC)社は、炭酸飲料のest(エスト)や、飲料水、
Crystal drinking water(クリスタル)を製造しています。
同社は2025年までにアセアン地域展開を目指しています。

社長のLester Teck Chuan Tan氏は、アセアン市場、
特にカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム(CLMV)で
飲料水、Crystal drinking water販売に関する
フィジビリティ・スタディを実施していると述べています。
今後、親会社、タイ・ビバレッジグループのネットワークとの
シナジーを活用して、CLMV市場で飲料水販売拡大を目指すと
しています。

しかし、同社はCLMV市場参入の前に、まずはタイ国内市場での
地位強化を考えています。
2018年タイ国内で飲料水Crystalの新工場を建設する予定です。
投資コストは約3億バーツ、スラタニ県の既存工場と同規模と
しています。
新工場から200キロ圏内の顧客に飲料水を届け、投資収益率と
コスト管理効率を上げることができる地域を候補としています。

2017年時点で飲料水Crystalはタイ全国18工場で生産されており、
年間生産能力は12億リットルです。
飲料水市場シェアは約20%で、2016年の17%から増加しました。
積極的なマーケティング計画で、2018年末までにシェア25%へ
高める目標を掲げています。
タイ国内飲料水全体の市場価値は350億バーツと推定されています。

一方、Singha drinking waterを販売するBoonrawd Trading Co
LtdのCEO、Purit Bhirombhakdi氏は、2018年には事業戦略を変更し、
同社の飲料水市場シェアを拡大するとコメントしています。
Singha drinking waterの市場シェアは2016年27%から2017年
20%に低下しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事