1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの医療保障制度に関して

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイの医療保障制度に関して

タイでは、公務員に対する医療給付の”NHSF”、
民間企業の被用者が加入する社会保険制度の医療給付、”SSF”、
そして農民・自営業者などを対象とした国民医療保障、
“CSMSF”の三制度により、すべての国民が公的医療保障の
対象となっています。

2002年9月から30バーツを支払うことで1回の外来が可能な
「30バーツ医療制度」が施行されたことにより国民皆保険制度が
整備されました。
しかし、公務員医療給付を除く2つの保険については償還額の
上限が設定されていて、タイを代表する国際的な高級病院など
では国民皆保険の患者は受け入れていません。

国民医療保障は「30バーツ医療」の通称で知られていますが、
2017年現在では自己負担はなく無料で受診することができます。
そのかわり、無料で受診する場合は決められた病院
(居住地に応じて指定)に行かなければならないため、
病院受付は行列ができ待ち時間も非常に長いのが一般的です。
そのため、中流層のタイ人は病院での受診を避け、薬局を利用し、
市販薬に頼る傾向があります。

公務員医療給付NHSF(1963年)公務員・家族が対象
社会保険SSF(1990年)民間企業従業員が対象
国民医療保障CSMSF(2002年)上記以外の国民、農家、
自営業者などが対象

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事