タイのIT製品販売企業、JIBコンピューター社はデジタル仮想通貨取引所を開設予定

タイのIT製品販売企業、JIBコンピューターJIB Computer Group 
Co Ltdは、2018年4月にデジタル通貨取引市場であるJIBEXを
開始する予定です。
1年目の手数料収入は1億7000万バーツを見込んでいます。

JIBEXは資本金500万バーツで設立され、JIBコンピュータグループが
51%の株式を保有し、最高経営責任者、Thuntee Sukchotrat氏が
20%を保有し、残りは個人が所有しています。

取引額は1日当たり1億バーツと予想していて、取引手数料は
取引金額の0.25%としています。

同社は3月内にカストディアン銀行、協力銀行、
サイバーセキュリティ会社、アセットマネジメントまたは
ファイナンシャルアドバイザリー会社、グローバルネットワーク
エクスチェンジからなるパートナーを発表する予定です。

新しい暗号化取引では、ビットコイン、エテリアム、リップル、
ビットコインキャッシュ、リットコインなどを提供します。

初期段階ではデジタル通貨を保持するe-walletを提供します。
第2フェーズではバーツとデジタル通貨の取引を行います。
第3フェーズでは自動ロボトレーディング、第4フェーズでは
資産運用やデジタル投資アドバイザリーサービスなどの
資産管理サービスを提供する予定です。

JIB Computer Group Co Ltd社は2018年から3年以内に
タイ証券取引所に上場する予定です。
2017年業績は売上83億バーツ、2018年は売上100億バーツに
達すると予想しています。
同社はコンピュータハードウェアとIT製品の販売代理店で
タイ全国に150店舗を展開しています。