1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイのバンプー・インフィナジーは拡大計画に4億USドルを投資

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイのバンプー・インフィナジーは拡大計画に4億USドルを投資

タイ最大の石炭鉱業会社、バンプーBanpu(BANPU)社の
子会社として2017年8月に設立されたバンプー・インフィナジー
Banpu Infinergy社は、2020年までの国内外における拡大計画へ
4億USドルを投資するとしています。

同社はB2B市場を中心に太陽光発電システム設置事業へ重点を
置いています。
ターゲットとするのは電力コストを削減しようとしている業界や
大企業で、コンサルティング、システム設計、設置、検査、
保守サービスを提供します。

同社はこれまでにアユタヤのFN Factory Outlet
(衣料品などのアウトレット)へ640KWの太陽電池パネルを
設置するなど、国内で合計12MWのソーラーパネルを
設置しています。
2018年までに最大100MW、2020年までには300MWの太陽光発電を
導入することを目標としています。

海外事業については、シンガポールのエネルギー貯蔵システム
事業を展開するNew Resources Technology Pte Ltd(NRT)の
株式44.8%を3320万ドルで取得しました。
また、シンガポールに本拠を置くクリーンエネルギー
ソリューションプロバイダーSunseap Group Pteの株式を
2017年9月に18億バーツで取得しています。

親会社のバンプーBanpu(BANPU)社の2017年業績は
売上1058億2600万バーツ、純利益79億バーツでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事