シンガポールのケッペルグループ資産運用会社、企業解説【シンガポール:建設・ゼネコン】

シンガポールのケッペルグループ子会社、ケッペルキャピタルは
アジアでもトップクラスの資産運用会社です。
オフショア、不動産、インフラ、投資の主要ビジネスへ向けて
様々な投資を手掛けます。

2017年末時点で約290億Sドルの運用資産を保有しており、
世界の主要市場における不動産、インフラストラクチャ、
データセンターなどの資産を含む多様なポートフォリオを
有しています。

他にも、ケッペルグループ社の資産運用会社には、
Keppel REIT Management社、
Keppel Infrastructure Fund Management Pte社、
Keppel DC REIT Management Pte社、
Keppel-KBS US REIT Management Pte社などがあります。

また、ケッペルグループ子会社、アルファ・インベストメント・
パートナーズは同グループのアセットマネジメントを
担当しています。
2004年より投資を通じて革新的なソリューションを
提供してきました。
同社は大手年金機関、金融機関、ファンド基金、保険企業などの
アセットクラスに投資しています。