ベーリユッカーは2019年小売事業拡大へ100億バーツを投資予定【タイ:小売・サービス】

飲料大手、タイビバレッジグループ等を率いるTCCグループは、
BIG Cスーパーセンター(過去上場→非上場化)の拡大や
中国への工場進出を目的として大規模な投資を行う計画です。

ビッグCスーパーセンターを保有するベーリユッカー(BJC)
では2019年小売事業を拡大するために100億バーツを投資し、
引き続きタイ国内小売市場を攻めるとしています。

2019年はタイ国内総選挙が実施予定ですが引き続き、
タイ経済成長は続くと同社は分析しています。
同社はタイ経済ファンダメンタルズに自信を持っており、
2019年消費者心理も改善することが期待されるため、
小売店舗開業への投資も継続します。

BIGCスーパーの事業は2016年にベーリユッカーが買収した後も
成長を続けています。
同社顧客基盤は2016年当時の1,000万人から1,600万人に
増加しました。

タイ国内小売業界競争は非常に激しく、消費者の行動は急速に
変化しています。
同社は顧客の購買満足度を強化し、オンラインとオフラインの
間でシームレスなショッピングを提供するために様々な施策を
提供する予定です。

また、同社は非食品アイテム調達のために中国広州に子会社を
設立しました。
中国新子会社はタイBIG C小売チェーンへの中国製品調達
センターとして機能し、およそ3,000アイテムを扱う予定です。

さらに同社は中国以外にマレーシアへ進出を計画しています。
小売業進出はガラス事業とスナック事業に続く3番目となります。
2019年にはラオスでもビッグCスーパーセンターを開設する
計画です。

ベーリユッカー(BJC)は2016年にフランスカジノグループより
BIG C Supercenter(BIGC)の株式97.9%を取得しました。
2017年業績は売上1490億バーツ、純利益50億バーツでした。