タイ・フューチャー・ファンド(TFFIF)の人気【タイ:金融】

タイ・フューチャー・ファンド(TFFIF)は国内投資家から
大きな歓迎を受けていて、個人投資家による申し込み分は
60%以上の割合になったとタイ国家企業政策局(SEPO)は
発表しています。

タイ政府ではTFFIFの40億~44億7,000万バーツの割り当ての
半分以上をタイ個人投資家に小口優先で提供される事を
承認しています。

政府ではタイ高速道路公社(EXAT:未上場)が所有する
Chalong Rat ExpresswayとBurapha Withi Expresswayに
よる収入の45%を投資家へ還元するとしています。

資金調達規模は450億バーツになる見通しです。
上場後の資金は、ラマ3世路ダオ・カノン
(Rama III Road-Dao Khanong)と、ウェスタンアウターリング
(Western Outer Ring Road)を結ぶ高速道路の建設に
30億バーツの資金を提供する予定です。

タイ国内では既にインフラファンドが複数上場しています。
通信施設系:Digital Telecommunications Infrastructure
Fund(DIF) (旧名:TRUE Telecommunications Growth
Infrastructure Fund(TRUEIF))
高架鉄道系:BTS Rail Mass Transit Growth
Infrastructure Fund(BTSGIF)
発電系:North Bangkok Power Plant Block 1
Infrastructure Fund(EGATIF)

タイのインフラファンドは鉄道、発電、上水、高速道路、
空港、深海港、通信、代替エネルギー、災害予防インフラ
などを対象として投資ファンドを組むことが可能です。