1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. Jリソーシズ・アジア・パシフィックは3兆ルピアの社債を発行予定【インドネシア:採掘】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシア

Jリソーシズ・アジア・パシフィックは3兆ルピアの社債を発行予定【インドネシア:採掘】

金採掘でインドネシア証券取引所(IDX)に上場する
Jリソーシズ・アジア・パシフィック(PSAB)では、
3兆ルピア(2億900万USドル)分の社債を発行し、
2年内に資金調達を計画しています。

Jリソーシズ(PSAB)社では金およびその他の鉱物資源獲得の
ために、子会社が8つの採掘現場を運営しています。
2019年は社債発行第一段階で5000億ルピアを調達する
ことを目指しています。

Jリソーシズ(PSAB)社は、インドネシア国営格付け会社の
Peringkat Efek Indonesia(Pefindo)から債券のシングル
A格付けを取得し、証券会社PT Indo Premier Sekuritasと
PT Bank Negara Indonesia(BNI)Sekuritasを債券発行の
引受人として指定しました。

同社債券は投資家として保険会社、銀行、年金基金、
投資運用会社などをターゲットにして販売する予定です。
3年債は四半期ごとの支払いで固定金利を提供する予定です。
社債発行の金利レートは発表していません。

Jリソーシズ(PSAB)社では、金鉱で4,814キロオンス、
鉱物資源で9,151キロオンスを保有すると推定されています。

同社の売上は2017年2億1940万ドル、2018年2億2260万ドル
(1.5%増)、純利益は2017年320万ドル、
2018年は1910万ドルまで増加しました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事