1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ国内の照明市場全体は2018年256億5400万バーツ、今後LEDが普及する予測【タイ:製造・照明】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ国内の照明市場全体は2018年256億5400万バーツ、今後LEDが普及する予測【タイ:製造・照明】

タイ国内の最大手照明企業はシグニファイ社
(旧フィリップス・ライティング)です。
また、2018年タイ国内全体の照明市場規模は
256億5400万バーツ、前年比7%の成長とされています。

タイ国内の電灯・照明市場では日系のPanasonic、
タイ証券取引所上場のライティング&エクイップメント
(L&E)、ドイツ系OSRAMオスラムなどが競っています。

タイ政府のインフラプロジェクトにより照明設備や
LEDへの切替が推進されており、今後タイのLEDは
照明市場の54%まで伸びていく予想が出ています。

タイ証券取引所上場のLighting & Equipment(L&E)
では2019年5月にタイの照明市場規模分析を報じています。
同社によると2018年のタイ国内照明市場全体規模は
170億バーツ、LED照明市場は30%としています。
また、ASEAN地域すべての国の照明市場推計値は
950億バーツと評価しています。

2018年末時点でタイの照明産業は他のアセアン諸国々
よりも成長しています。
タイの6,900万人市場はASEAN全体6億5000万人の市場まで
プラスの影響を与え、さらに広がることを予想しています。

ライティング&エクイップメント(L&E)社は
タイ国内照明市場のリーディングカンパニーとして
特に大型プロジェクトの照明事業で高い評価を
受けています。

多種多様で幅広い価格帯の照明製品を扱い経験豊富な
専門家チームも持っています。
同社ではエンジニア、建築家、インテリアデザイナーが
統合し、照明製品のインテグレターとしてサービスを
提供しています。
2018年の績は売上29億3800万バーツ、
純利益1億1600万バーツでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事