1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. 投資家がREITや不動産ファンドに投資する動きは継続する見込み【タイ:不動産・REIT】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

投資家がREITや不動産ファンドに投資する動きは継続する見込み【タイ:不動産・REIT】

タイおよび海外の投資家が高収益のために債券ファンドから
シフトしたため、不動産投資信託(REIT)および不動産ファンドに
投資するミューチュアルファンドの価格は2019年初来で
+20~25%急上昇したと、Principal Asset Managementでは
コメントしています。

また、タイ国内の金利見通しが低いため、投資家は債券投資から
不動産ファンドおよびREITへの移行を継続すると予想しています。

タイ国内の不動産ファンドとREITのファンダメンタルズは強く、
ファンダメンタル株が提供する利率と同様に魅力的で安定した
配当利回りを提供している状況が好まれているとしています。

REITおよび不動産ファンドは過去10年間で平均+10%の利益、
配当金から+5%、キャピタルゲインから+5%の利益を
もたらしました。

今後5年間については、配当は4~5%のままであるべきだが、
価格上昇が過去に見られたものを上回るとは予想されないと
しています。

Principal Asset Managementでは、弱気なセンチメント
および他の資産クラスにおける散発的な下落傾向を
和らげるために、一般投資ポートフォリオに不動産資金を
含めることを提案しています。

2018年株価は低調な利回りを見せ、債券は利回りを
下げました。
一方、不動産ファンドは+3%以上のリターンを
生み出しました。

2019年の株価水準は好調で、債券からのリターンは
依然として1%を超えています。
しかしREITと不動産ファンドは+20%以上のリターンを
提供し、株式と比較してより高い配当を生み出しています。

タイローカルREITの不利な点は最初の公募がないことで、
利用可能な独立系REITおよび不動産資金はほとんど無いと
しています。

ミューチュアルファンドの実績を追跡するFINアプリに
よると、国内または海外のREITに投資する55の投資信託
および不動産ファンドが個人投資家および認定投資家に
利用可能となっています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事