1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシアの高齢化率、年金制度に関して【マレーシア:社会】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシアの高齢化率、年金制度に関して【マレーシア:社会】

マレーシアの総人口は2014年時点で約3,009万人、
その80%が半島マレーシアに在住しています。
(2017年時点人口は約3200万人)

年齢階層別では、1 ~14歳:25.7%、15~64歳:68.7%、
65歳以上:5.6%、高齢化率は未だ低い水準に
とどまっています。

2000~2010年の平均年間人口増加率は+2.0%、
平均寿命は男性72.5歳、女性77.2歳となっています。

マレーシアの高齢者年金制度には2種類、公務員向けと
民間企業向けがあります。

公務員年金制度は1980年の年金法(Pension ACT1980)に
基づく制度でマレーシア国内約120万人の一般的な公務員
(連邦政府、州・地方政府及び法定機関の職員)に対する
制度の他、裁判官、議員、政務秘書等に関する年金制度が
それぞれ存在します。

民間企業向け制度、従業員積立基金制度(EPF)は
従業員積立基金法(Employees Provident Fund ACT1991)に
基づく制度でマレーシア国内企業すべての雇用者にEPFへの
登録・拠出を義務づけられており、約50万社が
登録しています。
公務員であってもEPFを選択することは可能です。

また、マレーシア国内の自営業者や家事手伝い、
外国人労働者等についてはEPFへの加入が任意と
なっています。
日本のような国民皆年金の仕組みにはなっていません。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事