タイ カシコーン銀行(KBANK)

タイの大手金融機関カシコーン銀行(KBANK)ではタイの洪水で被災した中小企業
への融資を拡大するとしています。

融資決定速度を迅速にし、中小企業を助けていき優良企業にはアドバイスも
していくとコメント。
既存の187あるSME相談センターも200箇所に増設します。 
上級副社長のPakorn Patanapat氏がコメントしています。

タイの中央金利はおそらく低水準で推移することが予想されていることから
融資額の拡大も期待できるとしています。
タイ王国にある300万件の中小企業のうち、40%が金融機関から何らかの
借り入れをしているとしていて、KBankでは60万件の中小企業顧客がありますが
18万件は十分なクレジットが無い状態であるとしています。

零細企業では今後融資伸び率は+15%伸びると見ており、中堅企業は今後+9%
融資額が伸びると見ています。

今後の手数料収入では2012年度以降は+22%伸び、86億2000万バーツまで伸びる
と見ています。
カシコーン銀行の2012年度の融資額は4287億バーツ(1.2兆円規模)を予測
しています。