タイ セントラルパタナー(CPN)

タイの商業開発大手のセントラルパタナー(CPN)Central Pattana では
ラマ9世通り駅前に新型大規模商業施設をオープンさせます。
およそ1ヶ月遅れで12月14日にOPENさせます。
交通量と入場者数は1日12万人を目指します。

CPN代表のKobchai Chirathivat氏はセントラルプラザラマ9はタイ小売ビジネスを
さらにブーストさせるとしています。
やや若めのアダルト層を狙い、シティ・リビングをコンセプトに展開します。
総投資額は60億バーツで7階のフロア、5ライの不動産に対して再開発しました。

総店舗面積は21万4000平米となります。
また商業施設内にはオリンピッククラスのスケートリングも併設します。
同系列会社のロビンソンデパートメントストアも入居。
ロビンソン系列店舗と比較してもタイ最大規模になります。
またSFXシネマコンプレックスも入居し11スクリーンの映画館を入れる予定です。