タイ 不動産業界

タイ不動産業界企業では洪水対策へのリデザインが進められています。
今後は洪水対策の建設設計や排水処理設備の条件が寄り強く求められます。

低層住宅も高層住宅も、重大な洪水対策に関して防水出来る体制を整える必要が
あるとしていてさまざまな排水処理設備の設置を必要とするとしています。

結果建設コストの上昇、設備の設置で購入費用は高くなるとしています。
このような住宅建設は2012年度から始まるとしていて2011年度から住宅購入の
景気は+20%以上になるのではないかと見ています。

住宅購入者の決断は2011年度は遅れる見通しで、一戸建て、タウンハウスなどは
一時的に人気が落ちるものの、すぐに回復すると見られています。
特に今後はロケーションが重要性を増すとしています。

2012年度の見通しで高級住宅マーケット大手のサンシリ(SIRI)のSrettha代表は
20プロジェクトを積極販売していくとしています。
プレセールの金額は300億バーツを目指すとしていて、2011年度の末までには
プレセール金額は250億バーツになると見ています。
年初目標は270億バーツでした。

第3四半期までの業績は売上128億9800万バーツで 純利益9億5000万バーツでした。