タイ バンコクメトロ(BMCL)

タイ証券取引所に上場している地下鉄運営会社のバンコクメトロ 
Bangkok Metro Plc (BMCL) ではMRT地下鉄のシステムを改善、交通量を
2012年度は今後+15%増にしていくとしています。
代表取締役のChaiwat Utaiwan氏は2011年度の10月と11月の通勤通学の交通量は
マイナス20%~25%の間であったとしていて、洪水被害から地下鉄乗車を避ける
傾向が続いていたとしています。

現在およそ24~25万人の利用者が1日平均で存在します。
セントラルラマ9世店がOPENし、12月は大きく回復してきているとしています。

2012年度は25万人の平均交通機関利用者を10~15%増まで伸ばすと目標を
設定しています。
また地下鉄モールの開発も遅れていますが、18ある既存の駅のうち、
商業施設の入れるスペースのある駅は11あり、4つの駅地下はすでに開業
しています。

2011年度の第3四半期までの売上げは14億4300万バーツで
純利益ではマイナスの8億2800万バーツでした。