アセアンと中国の貿易額増加

2010年から中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)自由貿易協定の実施が始まり
1年が経過しました。
中国・ASEAN商務理事会は2月2日に、2010年度の中国ASEAN間の相互貿易額は
2928億ドル(約29兆円)となって、2009年より+37.5%増加したことを発表
しています。
[4割増です!]

中国からの輸出額は1382億USドル(13兆8200億円)で、+30%増加。
輸入額は1546億USドル(15兆4600億円)で、+44.8%増と大きく伸びています。
中国との貿易額が多い東南アジア各国を順に並べると、
1位 マレーシア
2位 シンガポール
3位 タイ
4位 インドネシア
5位 ベトナム
6位 フィリピン
7位 ミャンマー
8位 カンボジア
9位 ラオス
10位 ブルネイとなります。

中国商務部によると、2010年は中国と東南アジア新興国市場との貿易が大幅に
成長したとしています。
また中国はすでに東南アジア各国・地域の主要な輸出先となっています。