タイ証券取引所(SET)

週明け東南アジア株式市場の株価は、大半の市場で下落しています。
中東各国、北アフリカ産油国で反政府デモが広がりを見せつつあり、緊張が
広がっていることが海外新興国への投資を控えさせています。

また、タイ国家経済社会開発委員会:National Economic and Social
Development Boardでの発表で、2010年第4四半期のタイ国内総生産(GDP)
伸び率は第4四半期+3.8%となり、通年による成長率は前年比+7.8%である
としています。
前期比+1.2%となっています。
GDP予測成長率は2011年度は+3.5%~+4.5%であるとしています。

またインフレ予測率では2.8~3.8%を予測していて、所得増、経済成長の結果
であるとしています。