タイ バンナー通りの開発

バンナートラッド通りのバンナー10で中国小売企業のアシマーグループが
450億バーツでThai China International Products Cityの計画を
打ち出しています。
中国産の製品を大量にバンコクで販売していくショッピングモールを
誕生させるとしています。

すでに200ライの不動産を購入していて、まずは第1フェーズの開発を進め、
2012年末オープンを計画しています。

出店数は15000店舗、駐車場も5000台を越える規模で展開します。
一般消費財、靴用品、家具、食品、衣料などをそろえ、中国製品なども販売する
としています。
その後は大型ホテル、中国とタイの貿易製品なども展開していきます。

バンナートラッド通りはあちこちの不動産開発を開始していて、今までは空き地、
廃墟、草原だけだったエリアに次々と学校やショッピングセンターなどが誕生
しています。