タイ アマタ・コーポレーション(AMATA)

工業団地大手のアマタ・コーポレーション(AMATA)では中国企業と合弁で
工業団地開発をおこないます。
中国側は華立集団(Holley Group)で資本金は10億バーツで、アマタ51%
華立49%となっています。

これまでアマタはベトナムのビエンホア工業団地とタイでアマタナコン工業団地、
アマタシティ工業団地を展開してきましたが、中華系企業と提携し、ラヨーン県
のアマタシテイ工業団地の未整備不動産地区を開発します。
およそ160ヘクタールで、投資額は20億バーツとしています。

2010年度のアマタ・コーポレーション(AMATA)の事業業績は
売上38億1900万バーツで+63.5%増
純利益では9億5700万バーツ+200.9%増と増収増益でした。

2011年度は40億バーツを目指します。