タイ イタリアン・タイ・デベロップメント(ITD)

タイのゼネコン最大手のイタリアン・タイ・デベロップメント(ITD)社は
ベトナムホーチミン市におけるモノレール2号線・3号線とメトロ4号線の
建設投資に関する覚書に調印したことを発表しています。

ホーチミン市都市鉄道管理委員会ではITD社はバンコクの高架鉄道・地下鉄案件
やデリーの地下鉄案件をはじめとする大型交通案件にも関わってきた経験があり、
今回の覚書の強い要因となっています。
モノレール建設案件はBOT(建設・運営・譲渡)方式で建設し、メトロ4号線を
パッケージとして組み入れ、こちらは政府開発援助(ODA)やEPC
(設計・調達・建設)方式から適切なものを選ぶとしています。