東南アジアの各国のリスク要因

貿易自由化が進む東南アジア諸国連合では、その地域的な優位性を求めて
タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどへ工場建設を進める動きが
活発化しています。

一方で「どこに進出するのか」と言うポイントではそれぞれが経営上の問題点を
挙げています。

例を挙げると 

●ベトナムでの問題点上位3点

1:従業員の賃金上昇
2:電力不足・停電
3:原材料・部品の現地調達の難しさ

●インドネシアでの問題点上位3点

1:従業員の賃金上昇
2:税務(法人税、移転価格税制など)の負担
3:現地通貨ルピアの対ドル為替レートの変動

●タイでの問題点上位3点

1:競合相手の台頭(コスト面で競合)
2:調達コストの上昇
3:従業員の賃金上昇

●シンガポール

1:限界に近づきつつあるコスト削減
2:競合相手の台頭(コスト面で競合)
3:従業員の賃金上昇

出所:日本貿易振興機構(ジェトロ)「在アジア・オセアニア日系企業活動実態
調査」
(調査時期:2010年8月2日~9月15日)からとなっています。

自由貿易が開始されていますが賃金上昇が各国とも課題で、それ以上に
ベトナムではインフレーションと電力周りの供給不足、インドネシアでは不透明な
税制の処理などが挙げられます。