タイ 中央宣興(CHUO)

2010年10月に日本で自己破産を申請した中堅広告会社、中央宣興のタイ法人
タイ証券取引所(SET)の2部上場会社である中央宣興タイランド(CHUO)は3月、
日本の中央宣興が所有する中央宣興タイランド全株(発行株式の33%)を売却、
タイとシンガポールへ売却することで撤退することを発表しています。

タイのアジア・ビジネス・サポート・アソシエーション
Asia Business Support Association Co., Ltd.が20.5%、
シンガポールのパシフィック・センチュリー・ファンド
THE PACIFIC CENTURY FUND PTE.LTD が12.6%をそれぞれ取得したと発表
しています。

Chuo Senko (Thailand) は広告代理店事業をタイで展開してきました。
TVコマーシャル、ラジオ、イベント広告、屋外広告などを手掛けてきました。
主にホンダ、日系各社のクライアントを抱えてきましたが、日本では武富士の倒産
の余波を受けて自己破産を申請しました。
子会社には
Chuo Senko Vietnam Design Services Co., Ltd
JM Senko Sdn. Bhd
Chuo Senko (Cambodia) Holding Co., Ltd.などがありました。