タイ カンヨン・エレクトリック(KYE)

マレーシアの家電販売業界もタイの大規模洪水による供給不足の影響を受ける
としています。
タイの家電大手の上場企業はカンヨン・エレクトリック(KYE)でも部品供給など
で影響が出ているとしています。

2011年の第3四半期までの業績では
売上52億7367万バーツ 純利益 4億1100万バーツでした。

タイでは三菱系家電、パナソニック系家電などがシェアを持っていますが
サムソン系家電、LG系家電製品が非常に多く出回っています。

タイは世界的な家電メーカーや部品メーカーの多くがタイで展開していて、
洪水による生産ストップが続いていました。
家電量販のコーツ(マレーシア)では、インドネシアやベトナム、中国などからの
部品調達を進めていて、2011年度11月は昨年同月を上回っているペースで販売額が
増えているとしています。

マレーシアの上場家電大手は
PANASONIC MANUFACTURING パナソニック・マレーシア(PANAMY)
3719 家電生産・販売 売上 6億リンギ 純利益 4900万リンギ

PENSONIC HOLDINGS ペンソニック・ホールディング(PENSONI)
9997 家電・生産販売 売上 3億0300万リンギ 純利益 300万リンギ

YA HORNG ELECTRONICヤーホーン・エレクトロニック(YAHORNG)
7196  オーディオ家電 売上 1億3000万リンギ 純利益 500万リンギ

HOCK SIN LEONG ホックシン・レオン(HSLEONG)
5046 家電・自転車 売上 7400万リンギ 純利益 ー1000万リンギ

ACOUSTECHアコーステック(ACOSTEC)
7120 スピーカー・家電 売上 2億7900万リンギ 純利益 800万リンギ

KHIND HOLDINGSキヒンドホールディングス(KHIND)
7062 ファン・家電製品 売上 1億9600万リンギ 純利益 800万リンギ 
となっています。