タイの政治 タイの工業団地

タイの洪水の影響が出たエリアでは、大掃除イベント ”Big Cleaning”
オペレーションが開催されています。
バンパイン工業団地の90箇所以上の工場勤務者が参加しています。
2011年12月には工場再開する計画です。

90の工場の工場勤務者2000名は今回のクリーンアップ作戦に参加し復興事業を
スタートしています。
これまで7つの工業団地が大洪水の浸水被害に遭い、アユタヤ県、パトムタニ県で
大きな被害を出しています。

アメリカ資本のHDD製造Western Digital社も被害を受けていますが2012年以降
パソコン価格にはね返る可能性があるとしています。
金融体制+機材体制が整えば12月から生産再開ができるとしています。

タイ政府は排水処理に2000億バーツ掛かるとしていて

タイ工業団地公社Industrial Estate Authority of Thailand(IEAT)では
ハイテック工業団地は11月25日は排水処理が終了し、操業再開まで12月と
しています。
143の会社の中で90の企業は12月11日から事業操業ができるとしています。