タイのトゥルーの株式18%をチャイナ・モバイルが取得

タイの携帯電話通信の第3位のキャリアであるトゥルー(TRUE)では、第2四半期の
業績を、黒字化したことを発表しています。
影響は中国移動:チャイナ・モバイルがタイの通信大手トゥルーの株式18%を
取得すると発表し8億8200万ドルを出資しました。

タイの携帯電話通信の第3位のキャリアであるトゥルー(TRUE)では、第2四半期の
業績を、黒字化したことを発表しています。
影響は中国移動:チャイナ・モバイルがタイの通信大手トゥルーの株式18%を
取得すると発表し8億8200万ドルを出資しました。
TRUEの第3者割当増資286億バーツの部分を中国移動が出資しました。

Charoen Pokhphand Group会長のDhanin Chearavanont氏は
中国移動の出資の影響で財務体質が大きく改善されたとしています。
有利子負債が多く減少し年間利子負担の40億バーツが減少するとしています。
2014年度の上半期の業績は売上567億400万バーツ、
純利益では21億4600万バーツとなりました。

TRUE社は44億株の新株を中国移動へUS$8億8000万ドルで出資を受けた結果、
同社の株主構成は1位 CPグループ 2位 China Mobileとなる予定です。
TRUE社の株価は7~9バーツ台を推移していましたが8月10日以降10バーツを
超えて2014年9月現在12バーツを記録しています。