英字紙バンコクポストは2018年度の業績回復を予想

英字紙、バンコクポストBangkok Post(POST)では
国内景気改善と同社のデジタルおよびイベント事業への
注力を背景に、2018年の業績回復を期待しています。

特にタイ経済が改善を続けている状況の中で、同社は
ニュース・雑誌ビジネスでリーダーシップを発揮するための
戦略を進めています。

バンコクポスト(POST)では政府系機関、民間企業、
様々な業界でプロモーション・広告費が増加するため、
17年の業績から回復することが出来ると予想しています。
同社2017年業績は売上13億6700万バーツ、
純利益-3億5800万バーツで4年連続赤字になっていました。

同社はタイの有力ニュース・コンテンツプロバイダーとしての
強みを活かし、デジタルビジネス、興業イベントの効率化、
他大手企業とのパートナーシップなど新しい収益源を積極的に
推進します。

同社は英字紙バンコクポストに加えて、タイ語ビジネス新聞、
Post Today、フリーペーパーのM2F、雑誌S Weeklyを
出版しています。
他にもElle、Elle Men、Elle Decoration、Cleo、
Science Illustrated、Forbesのタイ版等を含む幅広い
国際的ブランド雑誌を出版しています。

新聞・雑誌部門の最高経営責任者Chokdee Wisansing氏は、
イベント管理事業ではビジネス、エンターテイメント、スポーツ、
ライフスタイルの4分野に焦点を当てグループの重要収益源として
成長させるとしています。

また、デジタル戦略の再定義を行い、Marie ClaireやCycling Plus
を廃止、Elle MenとElleの統合などを行っています。
同グループは今後も成長のため新しいパートナーシップを
構築していく方針です。