マレーシア インモビ社(InMobi)

インド系モバイル端末の広告配信事業大手のインモビ社(InMobi)は、
マレーシアのモバイル広告市場が2011年第3四半期(7~9月)に前年同期比
+37%の成長があったとしています。

スマートフォン携帯端末の「アンドロイド」とアップル「iOS」を通じた広告が
全体の41%を占めています。

マレーシアではセルコムやチューン・トークなどがモバイル広告事業に投資を
積極的におこなっており競争が激しくなってきています。
マレーシアでもスマートフォンの普及率が上がり、アプリケーション市場が
活性化しています。
モバイル・インプレッション(携帯端末に広告が表示される回数)も増えています。
スマートフォンを通じたモバイル広告の露出回数はマレーシアではアセアン域内
平均より高い割合(68%)で増えています。

携帯端末メーカー別のモバイル・インプレッションの回数は
▽ノキア▽ソニー・エリクソン▽サムスン▽アップル▽HTCの順となっていて、
2010年は750万台以上のスマートフォンが販売され、2010年における
スマートフォン占有率は70%にも達しています。

すでに携帯通信4GサービスもYTLグループなどから販売されていて携帯端末のインターネットスピードも
格段に上がっています。