タイの自動車業界

NHKでJAL破たんに関するニュース特集を見ていました。

・JAL赤字の元凶
国際線でインチョン国際空港に負けていること。
成田国際空港が遠すぎ、コストが高い、24時間空港ではない 
このあたりは行政の失敗もあります。

1燃費の良い航空機を使っている。発着枠が足りない。
2アライアンス=企業グループ
3格安航空会社の成長

これらは結局JALの体質も問われているものの、
俯瞰的にみると日本の政策支援も無かったことも影響しているのではと見ています。

タイの自動車業界では2010年からFTAの発効で
クルマの販売台数は伸びると期待しています。タイで作られている主な車種は
トヨタ  カムリ、カムリハイブリッド、アルティスカローラ、ビオス
日産   新型マーチ、ティーダ、ティアナ
ホンダ  シティ、ジャズ、シビック
マツダ  マツダ3 マツダ2など。
ピックアップを含めて2010年度は大きく回復できると期待されています。

2010年前     2010年1月以降
>2000cc 関税+重量税40%     関税+重量税35% 
2001cc~3000cc    関税+重量税41%     関税+重量税41%
<3000cc         関税+重量税48%     関税+重量税48%