タイのインターネットコマース

タイのEコマース市場ではタイの洪水災害や政情不安だった2009年から、徐々に
オンライン取引の利便性が認識されつつあります。
www.gaming-oasis.tarad.comの管理運営者のPonlayook Meemeskul氏は
スマートフォンやゲーム機器の本体を販売しています。

タイの政情不安の時期にはリアル店舗のMBKセンターではマイナス50万バーツの
被害を受けました。
結果この店舗を閉鎖することを決定。
しかしオンラインで販売することを決めました。

結果として初月で100万バーツを稼げるようになり、Ponlayook氏は
オンラインビジネスの方が賃料コストなどが掛からずに高いマージンで経営できる
ことがわかり、オンラインショップに注力していきます。
その後リアル店舗はすべて閉鎖することにしています。

特にソーシャルネットワーク経由と携帯端末からの注文が多いとしています。

また、タイでもデジタル放送TV事業が開始されます。

タイ国家放送通信委員会(NBTC)ではデジタル放送へのロードマップを策定しています。
2012-2016年の計画ではアナログ放送を継続しつつも2015年度にはデジタル放送の開始を
予定しています。
アナログ放送の終了は2025年を予定しています。

2012年 現在タイには地上波放送の無料TVが 3, 5, 7, 9, NBTそしてTPBSの
6チャンネルが展開しています。
デジタルTV放送の試験的な開始は2012年度の4月を予定しています。