タイ タナチャート銀行(TCAP) サイアム・シティ銀行(SCIB)

カナダの大手銀行スコシアバンクが49%出資するタイの銀行7位の
タナチャート銀行(TCAP)が同業8位サイアム・シティ銀行(SCIB)を吸収合併すると
発表しています。2009年末時点の総資産額は各行
SCIB     4241億0900万バーツ
TCAP     4599億6500万バーツ     となっています。

総額約8800億バーツでタイの銀行5位に躍り出るかたちになります。
現在5位、6位の銀行はそれぞれ
BAY アユタヤ銀行 7801億3200万バーツ
TMB TMB銀行  5436億5300万バーツ になります。

タイ中央銀行傘下のFIDFが保有するSCIB株47%を
タナチャート銀(TCAP)が取得することで合意しています。

サイアムシティ銀行(SCIB)は中国語では京都銀行。
1997年のアジア経済危機で国有化され、株主はFIDFになっていました。
イメージカラーは赤色。
2009年末時点で資産総額4241億バーツで
支店数413店、行員数9000人の中堅銀行でした。

今回タイ中央銀行はSCIBの民営化に対して、FIDF保有株売却の方針を発表し、
マレーシアの銀行や、韓国産業銀行、英金融大手HSBCなどが
手を挙げていました。