タイ トータルアクセスコミュニケーション(DTAC) アドバンスドインフォサービス(ADVANC)

第3世代通信事業の入札に関して9月に開催予定の諸条件が
まだ正式決定しておらず混乱の原因となっています。
提供される通信域にも波及するために、入札価格の決定も難しいとしています。

まだ正式決定されていない部分では
接続料金の設定
国際通話料金のシステム
海外の会社との課金システムなどが残っています。

タイ通信委員会National Telecommunications Commission (NTC)では当初同一条件下での
3G通信の付与を検討していましたが、世界で普及しつつある3Gとともに4Gにも条件をどのように
詰めるかで時間を要するとしています。

また接続料金の設定の問題もまた大きく残っていて
国営2社 TOT とCAT Telecomは携帯3社AIS, DTAC and True Moveから1分1.07バーツを徴収しています。
3Gになった場合にどのようにするかは未定です。