タイの航空会社

アジア地域のLCCで日本に就航しているのは、
オーストラリアのジェットスター航空、シンガポールのジェットスター・アジア航空(台湾経由)、
フィリピンのセブパシフィック、中国の春秋航空とエアマカオ、韓国の済州航空とエアプサンです。

今後就航を予定しているのは、東南アジア最大手のマレーシアのエアーアジア、
韓国のジン・エアーなどがあります。また、国内のANAが子会社としてLCCを設立すると発表しています。

就航地点としては、もっとも就航可能性が高いのは関西国際空港です。
理由としては、日本の空港(特に成田)に海外の航空会社が就航するためには
日本の政府認可(国土交通省航空局)が必要で、国としては現在の関空の著しい地位低下に対する批判を避けたいがために、
需要のある成田には許可を出さず、関空にだったら出しますよ、というスタンスでいることです。
最近成田に就航した中東系のエミレーツ航空も、関空線を廃止しないという条件付きで成田就航を認めています。