タイ ドュシタニ(DTC)不動産ファンドを組成

高級ホテルのドュシタニ(DTC)では不動産ファンドを組成して、有力観光地の
3ホテルの証券化、譲渡をおこなうと発表しています。
規模は40億バーツでファンドへ譲渡後、事業資金を調達するとしています。

組成するファンド会社への譲渡する物件は
南部プーケット
西部ホアヒン
北部チェンマイの3ホテルでファンド譲渡後でもドュシタニ社が運営管理すると
しています。

また、このファンドはタイ証券取引所の不動産ファンドセクターへ上場する計画で、
小口証券化するとしています。
不動産ファンドはクルンタイ銀行(KTB)傘下のクルンタイアセットマネジメントで
キムエン証券(KEST)とCIMB証券がファイナンシャルアドバイザーとなるとしています。